カール・エマヌエル (ヘッセン=ローテンブルク方伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カール・エマヌエルKarl Emanuel von Hessen-Rotenburg1746年6月5日ランゲンシュヴァルバッハ - 1812年3月23日フランクフルト・アム・マイン)は、ヘッセン=ローテンブルク方伯(在位:1778年 - 1806年)。ヘッセン=ローテンブルク方伯コンスタンティンとその最初の妻マリア・エーファ・ゾフィア・フォン・シュタルヘンベルクの間の長男として生まれた。名前は洗礼の代父を務めた義理の伯父のサルデーニャカルロ・エマヌエーレ3世に因む。

1757年よりオーストリア軍の胸甲騎兵連隊の連隊長を務め、将軍の地位を得てから退役し、1778年にヘッセン=ローテンブルク方伯家の家督を継いだ。1806年に本家のヘッセン選帝侯領ナポレオン1世フランス軍に占領され、ヴェストファーレン王国領に併合された際、カール・エマヌエルの治めるヘッセン選帝侯領の分封領「ローテンブルガー・クヴァルト(Rotenburger Quart)」も運命を共にした。1812年に亡命先のフランクフルト・アム・マインで死去した。

子女[編集]

1771年にリヒテンシュタイン侯フランツ・ヨーゼフ1世の娘レオポルディーネ(1754年 - 1823年)と結婚し、間に1男1女をもうけた。

  • ヴィクトル・アマデウス(1779年 - 1834年) - ヘッセン=ローテンブルク方伯 
  • クロティルデ(1787年 - 1869年) - 1811年、ホーエンローエ=バルテンシュタイン侯カール・アウグストと結婚
先代:
コンスタンティン
ヘッセン=ローテンブルク方伯
1778年 - 1806年
次代:
ヴィクトル・アマデウス