フランツ・ヨーゼフ1世 (リヒテンシュタイン公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランツ・ヨーゼフ1世

フランツ・ヨーゼフ1世(Franz Josef I, 1726年11月26日 - 1781年8月18日)は、リヒテンシュタイン侯爵大公とも)。在位1772年 - 1781年

リヒテンシュタイン侯子エマヌエルとディートリヒシュタイン侯女マリア・アントニアの長男としてミラノで誕生。ヨーゼフ・ヴェンツェルの甥にあたり、伯父の子どもたちが次々と夭折していたため、早くから後継者として扱われていた。ヨーゼフ・ヴェンツェルはフランツ・ヨーゼフを自分の庇護下に置き、北イタリアへの遠征にも同行させ、ピアチェンツァの戦い(Battle of Piacenza)でも共に戦った。

1763年、フランツ・ヨーゼフは神聖ローマ皇帝フランツ1世の代理として、レオポルト大公(のちのレオポルト2世)の縁談をまとめるために、スペインに赴いた。1767年に枢密顧問官となり、1771年には802番目のオーストリア・金羊毛騎士団の騎士として叙勲された。

1772年、伯父の跡を受けてリヒテンシュタイン侯になると、彼は経済問題と美術品収集に興味を示した。1781年、フランスのメスで薨去した。

子女[編集]

フランツ・ヨーゼフは、1750年7月6日、ボヘミア貴族のシュテルンベルク伯爵夫人マリー・レオポルディーネ(1733年12月11日-1809年3月1日)とヴァルチツェで結婚した。8人の子どもが生まれた。

  • ヨーゼフ(1752 - 1754) - 夭折
  • レオポルディーネ(1754 - 1823) - ヘッセン=ローテンベルク方伯カール・エマヌエルと結婚
  • マリア・アントニア(1756 - 1821)- 修道女
  • フランツ(1757 - 1760) - 夭折
  • アロイス1世(1759 - 1805) - リヒテンシュタイン侯
  • ヨーハン1世(1760 - 1836) - リヒテンシュタイン侯
  • フィリップ(1762 - 1802)- 未婚のまま逝去
  • マリア・ヨーゼファ(1768 - 1845) - エステルハージ・デ・ガランタ侯ニコラウス(2世)と結婚

マリー・レオポルディーネは夫の死後、末娘マリアとともにウィーンに住んだ。

先代:
ヨーゼフ・ヴェンツェル
リヒテンシュタイン公
1772年 - 1781年
次代:
アロイス1世