カーリン・アルヴテーゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カーリン・アルヴテーゲン
(Karin Alvtegen)
Karin Alvtegen.jpg
ヨーテボリ・ブックフェアにて(2005年)
誕生 1965年6月8日(49歳)
スウェーデンの旗 ヨンショーピング市ヒュースクヴァーナ
職業 ミステリ作家
言語 スウェーデン語
国籍 スウェーデンの旗 スウェーデン
活動期間 1998年 -
代表作 『喪失』
主な受賞歴 ガラスの鍵賞(2001年)
処女作 『罪』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

カーリン・アルヴテーゲンKarin Alvtegen1965年6月8日 - )はスウェーデンの女流ミステリー作家、テレビ脚本家

実兄の事故死で深刻な鬱症に陥り、そこから抜け出すために小説を書き始め、処女作『罪』が高評価で迎えられる。その後、心理描写に優れたサスペンス作品を次々と生み出し、世界的に人気を集め25ヶ国で翻訳されている。

作品リスト[編集]

# 邦題 原題 英題 刊行年
スウェーデンの旗
刊行年月
日本の旗
出版社
日本の旗
訳者
1 Skuld Guilt 1998年 2005年5月 小学館文庫 柳沢由実子
2 喪失 Saknad Missing 2000年 2004年12月
3 裏切り Svek Betrayal 2003年 2006年8月
4 恥辱 Skam Shame 2005年 2007年11月
5 Skugga Shadow 2007年 2009年11月
6 満開の栗の木 En Sannolik Historia A Probable Story 2010年 2013年1月

受賞[編集]

  • 『喪失』 - 2000年度ベスト北欧推理小説賞(ガラスの鍵賞:北欧5ヶ国での選奨)

関連項目[編集]