カンザスシティ・カウボーイズ (1886年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ここでは、1886年ミズーリ州カンザスシティを本拠地として、ナショナルリーグに加盟していたカンザスシティ・カウボーイズKansas City Cowboys)について記述する。

球団史[編集]

1885年プロビデンス・グレイズバッファロー・バイソンズのリーグ脱退後、ナショナルリーグの新たなフランチャイズとして1886年に加盟する。加盟に当たってナショナルリーグの他チームからレギュラー選手を補強して臨み、前年にセントルイス・マルーンズに所属していたデーブ・ロウを監督に招聘した。

投手の二枚看板だったスタンプ・ウィードマンジム・ホイットニーがいずれも不調で、ウィードマンはこの年リーグ最多の36敗を喫する。シーズン終盤の9月から10月には2つの引き分けを挟んで13連敗を喫し、他にも10連敗、9連敗、8連敗がそれぞれ1度とチームは低迷した。翌1887年3月に主力選手を放出しチームは解散した。

戦績[編集]

年度 リーグ 試合 勝利 敗戦 勝率 順位 監督 本拠地
1886年 NL 126 30 91 .248 7位 デーブ・ロウ Association Park

所属した主な選手[編集]

主な球団記録[編集]

  • 通算安打数:131(アル・マイヤーズ)
  • 通算本塁打:4(モックス・マクワイアリー、アル・マイヤーズ)
  • 通算打点数:57(デーブ・ロウ)
  • 通算勝利数:12(ジム・ホイットニー、スタンプ・ウィードマン)
  • 通算奪三振:168(スタンプ・ウィードマン)

出典・外部リンク[編集]