カリクリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カリクリン
識別情報
PubChem 10909255
ChemSpider 9084513
日化辞番号 J1.049.653E
ChEMBL CHEMBL384277
特性
化学式 C51H83N4O15P
モル質量 1023.2 g/mol
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

カリクリン(calyculin)類は、海綿Discodermia calyxから初めて単離された天然物である[1]。強力なセリン/スレオニンプロテインホスファターゼ阻害剤であり、類縁体としてカリクリンA-Hの8種類がこれまでに単離されている。

カリクリンAには、ホスファターゼ阻害作用の他に、細胞内へのカルシウム取り込みを阻害する作用があることも確認されている[2]

脚注[編集]

  1. ^ Suganuma M, Fujiki H, Furuya-Suguri H, Yoshizawa S, Yasumoto S, Kato Y, Fusetani N, Sugimura T. (1990). “Calyculin A, an inhibitor of protein phosphatases, a potent tumor promoter on CD-1 mouse skin”. Cancer Res. 50 (12): 3521–3525. 
  2. ^ Maja Holy and David L. Brautigan (2012). “Calyculin A from Discodermia Calyx Is a Dual Action Toxin that Blocks Calcium Influx and Inhibits Protein Ser/Thr Phosphatases”. Toxins 4 (10): 940-954. doi:10.3390/toxins4100940. 

関連項目[編集]