カランジル刑務所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カランジル刑務所
Casa de Detenção de São Paulo
概要
用途 刑務所
自治体 サンパウロ
ブラジル
座標 南緯23度30分30秒 西経46度37分25秒 / 南緯23.50833度 西経46.62361度 / -23.50833; -46.62361座標: 南緯23度30分30秒 西経46度37分25秒 / 南緯23.50833度 西経46.62361度 / -23.50833; -46.62361
完成 1920年
解体 2002年
建設関係者
建築家 Samuel das Neves
子ども公園州立技術学校(ETEC Parque da Juventude

サンパウロ・カランジル刑務所Casa de Detenção de São Paulo)は、ブラジルサンパウロで運営されていた刑務所[1]

概要[編集]

最多収容人数:8,000人[2]

1992年10月2日に囚人111名が死亡する『カランジル虐殺事件Carandiru massacre)』が発生した。囚人の暴動に対して、68名の警官が発砲し、102名が射殺、9名が他の囚人により刺殺。指揮権を持っていたウビラタン・ギマランイスUbiratan Guimarãesサンパウロ州軍警察Military Police of São Paulo State大佐には、懲役632年が言い渡された。2006年、ギマランイスは暗殺された。

2002年12月9日博物館として使用される1ブロックを残し、全て解体された[3]。跡地は、「子ども公園(Parque da Juventude)」となっている[4]

作品[編集]

医師のDrauzio Varella は、1989年2001年の刑務所でのボランティア体験を元に、Estação Carandiru(「カランジル駅」)を著作。2003年には『カランジル』の題名で映画化された。

交通機関[編集]

サンパウロ地下鉄カランジル駅(Carandiru (São Paulo Metro)

参照[編集]