カマール・アデン・アリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カマール・アデン・アリQamar Aden Ali、生年不明 - 2009年12月2日)は、ソマリアの政治家。ソマリア暫定連邦政府の保健相を務めていた。

2009年12月2日モガディシオにあるシャモホテルにて行われていたベナディール大学の卒業式に出席していたところ、自爆テロに遭い即死した。この自爆テロにより同じく参列していたイブラヒム・ハッサン・アドウ高等教育相も即死しており、教育相のモハメド・アブドラヒ・ワエレはその後死亡が確認され、スポーツ相スレイマン・オラド・ロブレも負傷した[1][2]

出典[編集]

  1. ^ ソマリアで自爆攻撃、閣僚3人含む19人死亡”. AFPBB News (2009年12月3日). 2009年12月13日閲覧。
  2. ^ RTE News Govt ministers killed in Somalia blast、2009年12月3日付、2011年3月23日閲覧。