カナダ安全情報局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カナダ安全情報局英語: Canadian Security Intelligence Service, CSISフランス語: Service canadien du renseignement de sécurité, SCRS)(以下CSISと呼ぶ)は、カナダ情報機関である。カナダの安全保障に関する情報を、国内外で収集し、分析・評価を行っている[1]


歴史[編集]

1864年、ジョン・マクドナルド卿が、国境の警戒を任務とする治安部隊である西部辺境隊 (Western Frontier Constabulary) を創設する。さらに1868年、政府は職員12人から成る自治領警察 (Dominion Police) を創設し、西部辺境隊が行っていた任務を委ねた。第一次世界大戦までに、職員数は140人となる。1920年、自治領警察は北西騎馬警察 (North-West Mounted Police) と統合され、王立カナダ騎馬警察(Royal Canadian Mounted Police)が誕生した。以後、王立カナダ騎馬警察の公安警察が、カナダの情報機関として機能するようになる。

両大戦間の公安警察は、数人の担当官・速記者しかおらず、非常に小規模であった。戦後、公安警察は担当官が増加した。1970年、マッケンジー委員会の調査後、最初の文民長官ジョン・スターンズが任命された。1981年8月、連邦政府は王立カナダ騎馬警察(RCMP)の公安警察から独立した情報機関を創設することを発表。1984年7月14日、CSISが公式に設立された。

組織[編集]

本部はオタワ、1995年建築の専用施設に置かれている。CSISは公共安全省を通し国会に対し責任を負うが、また併せて連邦裁判所、CSIS長官から、安全保障検討委員会(Security Intelligence Review Committee)から監督される立場にある。

2010年度現在の組織は以下の通り[2]

  • 長官
  • 作戦担当副長官
    • 作戦担当長官補
    • 対外担当長官補
      • 国際テロ
      • 中東・アフリカ
      • アジア/欧州・アメリカ
      • 人的資源・作戦支援
    • 情報担当長官補
      • 情報評価
      • 保安審査
      • 国際地域
    • 調整担当長官補
      • 情報管理
      • 科学・技術サービス
      • 国内保安
    • 各支局担当官(大西洋諸州、ケベック、オタワ、トロント、大平原3州(プレーリー)、ブリティッシュ・コロンビアの6支局)
    • 人事担当長官補
      • 職員サービス
      • 訓練・開発
      • 医療サービス
      • 人事管理
    • 総務担当長官補
      • 秘書室
      • 通信
      • 対外検討・連絡
      • 内部監査
    • 最高財務責任者(CFO)
      • 施設管理
      • 管理官
      • 資材管理
    • 最高情報責任者(CIO)
    • 事業近代化担当長官補
  • 法務担当長官補
  • 最高監査執行官

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Role of CSIS [1]
  2. ^ Annex A: CSIS Organization [2]

外部リンク[編集]