カッソンマルガタクワガタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カッソンマルガタクワガタ
保全状況評価
CRITICALLY ENDANGERED (IUCN Red List Ver.2.3(1994))
Status iucn2.3 CR.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: 甲虫目 Coleoptera
亜目 : カブトムシ亜目 Polyphaga
上科 : コガネムシ上科 Scarabaeoidea
: クワガタムシ科
Lucanidae
: マルガタクワガタ属 Colophon
: カッソンマルガタクワガタ
C. cassoni
学名
Colophon cassoni
Barnard, 1931 (1932)

カッソンマルガタクワガタ(Colophon cassoni)は、甲虫目クワガタムシ科マルガタクワガタ属に属するクワガタムシの一種である。

形態[編集]

体長:16~24mm

  • 本種は、他のマルガタクワガタにない胸部の太さを持っている。
  • 太いのが特徴的なのだが、腹部が少し小さく、アンバランスである。

しかし、その分丸みが強く、マルガタクワガタという感じが出ている。

  • 大アゴもかなり太く、内歯が2対もある。
    • ほとんど流通がなく、入手するのは難しい。

分布[編集]

南アフリカケープ州・スワルトベルグ山脈

参考文献[編集]