ケープ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ケープ州(Cape Province)、正式名称ケープ・オブ・グッドホープ州(Cape of Good Hope Province)は、南アフリカ共和国1910年から1994年まで存在していた州。州都はケープタウン

1910年に南アフリカの各植民地が合同して南アフリカ連邦が建国される際、それまでのケープ植民地を中心に、英領ベチュアナランド(モロペ川以南の直轄植民地のこと。モロペ川以北の英国保護領ベチュアナランドとは異なる)、東グリカランド(ナタール州のコックスタッド周辺にあった)、西グリカランド(キンバリー周辺)を統合して成立した。南アフリカ連邦はケープ州、ナタール州、オレンジ自由州トランスヴァール州の4州が連合して形成された連邦であったため、三権の首府がそれぞれ各州の州都におかれ、ケープタウンには南アフリカの立法府が置かれた。アパルトヘイト期にはケープ州の一部は分割され、トランスカイシスカイボプタツワナといったバントゥースタンとなった。

ケープ植民地以来の伝統で、南アフリカ4州のうち唯一カラードに選挙権が認められている州であったが、1956年に当時の国民党政府はカラードの利益を代表する白人議員の選出を認める代わりにカラードから選挙権を取り上げ、さらに1970年にはその議席も廃止した[1]

1994年以来、ケープ州は西ケープ州東ケープ州北ケープ州北西州の4つに分割された。

脚注[編集]

  1. ^ 「南アフリカの歴史」p329 レナード・トンプソン著、宮本 正興・峯 陽一・吉国 恒雄訳 1995年6月(明石書店)