オル・ダラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オル・ダラ(Olu Dara 1941年1月12日-)はアメリカのコルネット吹き、ギタリスト、歌手。

息子はラッパーのナズ

マイルス・デイヴィスは自伝で、隠遁からの復活当時の1981年のジャズ・トランペット界の状況にふれた際、「オレは聴いたことがなかったが、みんながすばらしいと言っていた、ミシシッピ出身のオル・ダラといった連中もいた」と書いた。

伝記[編集]

チャールズ·ジョーンズとしてミシシッピ州ナチェズに生まれ、1963年にニューヨークに移住。

前衛ミュージシャンのデヴィッド・マレイ、ヘンリー·スレッギル、チャールズ·ブラッキー、アート·ブレイキーと共演し有名になる。

自分の名前での最初のアルバムは1998年(57才)に出した。

アフリカ系アメリカ人の伝統に浸漬し、ブルース、ジャズ、ファンク、アフリカのポピュラー音楽とレゲエを混ぜた。

彼のセカンドアルバムにはドクター・ジョンカサンドラ・ウィルソンが参加。

ラッパーのナズ(ナシール·ジョーンズ)はダラの息子である。

彼は彼のアルバムで演奏するよう父親をはげまし、「ジャングル・ジェイ」にゲスト参加させた。

ナズの古典的デビュー・アルバム『ILLMATIC』(1994年)からの曲「ライフスアビッチ」にも参加している。

2004年には、ダラはボーカルとトランペットでNASのシングル「ブリッジング・ザ・ギャップ」に参加。[1] he moved to New York in 1963.[2]

盤歴[編集]

自分の作品[編集]

参加作[編集]

The Be Good Tanyas

  • Chinatown (2003) : Cornet on "Horses" and "Junkie Song"

Dirty Dozen Brass Band

  • Medicated Magic (2002) : vocal on "Junko Partner"

Julius Hemphill

Brother Jack McDuff

David Murray

James Newton

  • The African Flower (1985)

Don Pullen

Henry Threadgill

James Blood Ulmer

Various Artists

Cassandra Wilson

作曲作品[編集]

ナズの作品への[編集]

参照[編集]

  1. ^ Tracie Morris, "Olu Dara" (interview), Bomb 62/Winter 1998.
  2. ^ Artist Biography by Chris Kelsey, All Music.

外部リンク[編集]