オリヅルラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オリヅルラン
Chlorophytum comosum0.jpg
オリヅルラン
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 単子葉類 monocots
: クサスギカズラ目 Asparagales
: クサスギカズラ科 Asparagaceae
亜科 : リュウゼツラン亜科 Agavoideae
: オリヅルラン属 Chlorophytum
: オリヅルラン C. comosum
学名
Chlorophytum comosum
(Thunb.) Jacques[1]
英名
Spider plant

オリヅルラン(折鶴蘭、Chlorophytum comosum)はリュウゼツラン亜科オリヅルラン属に属する常緑多年草。原産地は熱帯アフリカから南アフリカ[1]観葉植物としてよく栽培される。

は根出状で、細長く大株になると4、50cm程になる。色は緑色で、柔らかく艶がない。斑入りのものが特に多く栽培される。品種は斑(ふ)の入る場所により葉の縁が白い外班をソトフオリヅルラン、葉の中央が白い中斑をナカフオリヅルランと呼んでいる。は太い。班の色は株の栄養状態に左右され、貧栄養状態では白、富栄養になると黄色や黄緑色になる。

ある程度成長すると細長い花茎を高くのばし、白いがまばらに咲く。その後花序に不定芽ができて花柄はランナー(匍匐茎)となり、新しい株を作る。この株の様子が折り鶴に似ていることから名付けられた。

乾燥には非常に強く、太い根の中に水分を蓄えているので葉が全て枯れる程乾燥させても水を与えればまた新芽を出す事ができ、過加湿な環境においても根腐れがおきにくい。ただし、水分が不足すると葉の先端から枯れてくるので見栄えは悪くなる。害虫ではカイガラムシに注意が必要である。ランナーでよくふえ、丈夫で栽培が容易なことから観葉植物として、またグラウンドカバーとしても使用される。

1984年にNASAが行った実験では、空気中のホルムアルデヒドを葉に吸着する能力が高く、室内の空気清浄効果があることが示された[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b C. comosum”. GRIN Taxonomy for Plants. 2012年8月13日閲覧。
  2. ^ B. C. Wolverton, Rebecca C. McDonald and E. A. Watkins, Jr.. “Foliage Plants for Removing Indoor Air Pollutants from Energy-Efficient Homes”. Economic Botany. http://www.greenenergyhelps.com/wp-content/uploads/2013/04/Wolverton-et-al-1984.pdf.