オモクローム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オモクローム(Ommochrome)は、甲殻類昆虫で生じる数種類の生体色素である。目の色は、オモクロームによって決定される。また、頭足類色素胞クモでも見られる[1]

オモクロームは、トリプトファンからキヌレニン3-ヒドロキシキヌレニンを経てできる代謝物質である。黄色、赤色から茶色、黒色まで、広い範囲の色の原因となる。明るい色は主にオマチンによって作られ、より暗い色はオマチンとオミンの混合物によって作られる[1][2]

クモでは、オモクロームは、クチクラのすぐ下の皮下組織細胞中に色素顆粒として蓄えられる[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c Oxford, G. S.; Gillespie, R. G. (1998). “Evolution and Ecology of Spider Coloration”. Annual Review of Entomology 43: 619–643. doi:10.1146/annurev.ento.43.1.619. PMID 15012400.  編集
  2. ^ Casas, J. R. M.; Théry, M. (2009). [http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2674075 “The multiple disguises of spiders: Web colour and decorations, body colour and movement”]. Philosophical Transactions of the Royal Society B: Biological Sciences 364 (1516): 471–480. doi:10.1098/rstb.2008.0212. PMC 2674075. PMID 18990672. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2674075.  編集