オパヴァのマルティン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Martin von Troppau.PNG

ポーランドのマルティンとしても知られるオパヴァのマルティン13世紀の重要なドミニコ会士の年代記作家である。

チェコシレジアの町オパヴァで生まれ(生年は不明)て、ローマから帰還する途中のボローニャ1278年6月以降に死んだと信じられている。彼はプラハで学びポーランドで活動した。そのため彼はラテン語では Martinus Oppaviensis とか Martinus Polonus という名で知られていることもある。ドイツ語では Martin von Troppauチェコ語では Martin z Opavy と呼ばれるようである。

マルティンのラテン語の年代記、Chronicon pontificum et imperatorum は特に興味深いレイアウトをとっている。見開きの2ページがページごとの50行でそれぞれ50年間を記述し、左のページが一行一年の割合で教皇の歴史を、右のページが皇帝たちの歴史を記述し、左右のページが厳密に並行するように書かれている。これはグラフィックデザインの新境地であって、必ずしも全ての同時代人に受け入れられたわけではなかった。多くの書記がページレイアウトを考慮されることなく単にテキストをコピーしていき、結果としてどちらかといえば混沌とした編年の年代記になっていった。これは非常に大きな影響を与えた年代記である。400以上の写本が知られており、後世の年代記作家にあたえた影響は明らかである。マルティンの Chronicum女教皇ヨハンナの伝説にもっとも大きな影響を与えた資料である。

他の著作としてはPromptuarium Exemplorumがある。

参考文献[編集]

  • Ludwig Weiland (Hg.): Martini Oppaviensis chronicon pontificum et imperatorum. MGH SS 22 (1872), S. 377–475 Faksimile bei Gallica
  • Anna-Dorothee von den Brincken: Studien zur Überlieferung der Chronik des Martin von Troppau (Erfahrungen mit einem massenhaft überlieferten historischen Text). In. DA 41 (1985), S. 460–531.
  • Wolfgang-Valentin Ikas: Martinus Polonus' Chronicle of the Popes and Emperors. A Medieval Best-seller and its Neglected Influence on English Medieval Chroniclers. In: The English Historical Review 116 (2001), S. 327-341
  • Wolfgang-Valentin Ikas: Neue Handschriftenfunde zum Chronicon pontificum et imperatorum des Martin von Troppau. In: Deutsches Archiv für Erforschung des Mittelalters 58 (2002), S. 521-537
  • Wolfgang-Valentin Ikas: Martin von Troppau (Martinus Polonus), O.P. (gest. 1278) in England. Überlieferungs- und wirkungsgeschichtliche Studien zu dessen Papst- und Kaiserchronik. (Wissensliteratur im Mittelalter 40) Wiesbaden: Verlag Dr. Ludwig Reichert 2002. ISBN 3-89500-313-1 レビュー記事(ドイツ語)

外部リンク[編集]