オニゲシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オニゲシ
Oriental poppy.jpg
オニゲシ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ケシ目 Papaverales
: ケシ科 Papaveraceae
: ケシ属 Papaver
: オニゲシ P. orientale
学名
Papaver orientale
和名
オニゲシ
オニゲシのつぼみから開花まで

オニゲシ(鬼芥子または鬼罌粟、学名:Papaver orientale)は、ケシ科ケシ属多年草。「鬼」の字が悪いイメージを与えると言うことで、園芸上は、英名のオリエンタル・ポピー(Oriental poppy)が使われることが多い。

特徴[編集]

西アジア原産の、秋から早春に生育して春から初夏に開花・結実し、夏の間休眠する宿根草だが、高温多湿に弱いため、日本の暖地では、夏に枯れてしまうことが多く、秋まきの一年草として扱われている。

根生葉は、長さ1m位にもなり、羽状の深い切れ込みがあり、粗い毛が生えている。晩春から初夏にかけて、1mから1.5mにもなる花茎をだし、花径10~20cmにおよぶ大きな4弁花を咲かせる。花色は、朱色で中心部に大きな黒の斑点があるものが基本だが、サーモンピンクや淡紅色、白、白に赤の覆輪のものなどもあり、栄養繁殖系の品種には八重咲きもある。花色の鮮やかさといい、花の大きさと言い、実に見事なものではあるが、日本人にはどぎついと感じる人のほうが多いようだ。

麻薬及び向精神薬取締法で栽培が禁止されているハカマオニゲシと特徴が酷似している。

栽培[編集]

北陸地方甲信越地方北関東から北にかけては、植えっぱなしでよく育つが、東海地方以西の地方では、秋分頃にタネをまくのがよい。タネはやや細かいが、育苗箱や苗床にまき、タネが見え隠れするくらいに覆土しておくと、一週間くらいで発芽する。大柄な草花なので、株間は50cmくらいにする。日当たりと排水の良い土地ならよく育つ。

関連項目[編集]