オスカル・ミロシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オスカル・ミロシュフランス語Oscar Vladislas de Lubicz Milosz, リトアニア語Oskaras Milašius, 1877年5月28日 - 1939年3月2日)は、リトアニア系フランス人の作家。ただしリトアニアで生活したことはない。出身地でありまた幼年時代を過ごした地はベラルーシマヒリョウ(Магілёў)近郊の町ツェレヤ(Черея)。パリの名門校リセ・ジャンソン・ド・サイイ(Lycée Janson de Sailly)を卒業。フランス政府がリトアニアの独立を承認した1920年に、ミロシュはパリのリトアニア大使館で文化アタシュに就任。リトアニアの民間伝承を収集し、小説戯曲エッセーフランス語で書いた。詩人チェスワフ・ミウォシュの従兄である。

作品リスト[編集]

  • Le Poème des Décadences, Paris, Girard et Villerelle (1899)
  • Les Sept Solitudes, Paris, H. Jouve (1906)
  • L'Amoureuse Initiation (roman) Paris, B. Grasset (1910)
  • Les Éléments, Paris, Bibliothèque de l'Occident (1911)
  • Miguel Manara. Mystère en six tableaux. Paris, Nouvelle Revue française (1913)
  • Les arcanes, Paris, Teillon, (sans date)
  • La Confession de Lemuel, Paris, La Connaissance (1922)