オオバコウモリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オオバコウモリ
Parasenecio hastatus subsp. orientalis var. ramosus.JPG
福島県会津地方、2009年9月
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : キク亜綱 Asteridae
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
亜科 : キク亜科 Asteroideae
: コウモリソウ属 Parasenecio
: ウラゲヨブスマソウ
Parasenecio hastatus
亜種 : ヨブスマソウ subsp. orientalis
変種 : オオバコウモリ var. ramosus
学名
Parasenecio hastatus (L.) H.Koyama subsp. orientalis (Kitam.) H.Koyama var. ramosus (Maxim.) H.Koyama
シノニム
  • Cacalia hastata L. subsp. orientalis Kitam. var. ramosa (Maxim.) Kitam.
和名
オオバコウモリ(大葉蝙蝠)

オオバコウモリ(大葉蝙蝠、学名Parasenecio hastatus subsp. orientalis var. ramosus)は、キク科コウモリソウ属多年草

特徴[編集]

の高さは1.5mに達する。は茎に互生し、葉柄の上部にのみ翼がつき、葉柄はふつう茎を抱かない。葉の形は三角状ほこ形で縁には鋸歯がある。葉身は長さ15cm、幅22cmになる。

花期は8-9月、茎の先に円錐花序状に白色の頭花をつける。総苞は長さ7-8mmの筒状で、総苞片は5-7個。頭花は9-10個の小花からなり、すべて両性の筒状花。小花の花冠は浅く5裂し、花柱の先は2つに分かれ反り返る。

分布と生育環境[編集]

本州の福島県、関東地方および中部地方に分布し、山地のやや湿り気のある樹林の林床、林縁に自生する。群生することが多い。

参考文献[編集]

  • 佐竹義輔・大井次三郎・北村四郎他編『日本の野生植物 草本 III 合弁花類』 (1981) 平凡社
  • オオバコウモリ 米倉浩司・梶田忠 (2003-)「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)