エレン・グールド・ホワイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エレン・G・ホワイト

エレン・グールド・ホワイト(Ellen Gould White、1827年11月26日 - 1915年7月16日)は、アメリカ合衆国セブンスデー・アドベンチスト教会の創立において指導者として活躍し、「預言者」と呼ばれていた人物。

経歴[編集]

1827年メーン州ゴラムで、敬虔なメソジストの両親の元に生まれる。幼少は病身のために正規の教育を受けられなかった。

1840年ウィリアム・ミラーの再臨の説教を聞いて信奉したために、メソジスト教会から信徒資格を剥奪される。1844年にウィリアム・ミラーの再臨の預言が空振りに終わり運動が混乱していた時に、ホワイトは土曜日(セブンスディー)の安息日として厳守する啓示をもたらす、これがセブンスディー・アドベンチスト教会の重要な教理になった。

1846年にジェームス・S・ホワイトと結婚すると、ミシガン州バトルクリークに移住し、そこに教会本部を置く。

1881年の夫の死後に欧州豪州を訪問する。1903年にはワシントンD.C.に本部を移した。生涯に45冊の書物と、4000以上の論文を著した。

著書[編集]

  • In Defence of the faith

参考文献[編集]

  • 大山武俊『ホワイト、エレン・グールド』「新キリスト教辞典」1991