エル・カミニート・デル・レイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
通行の様子
谷底から

エル・カミニート・デル・レイEl Caminito del Rey)は、スペインマラガ県アロラ(Álora)近郊のグアダルオルセ川(Guadalhorce)に沿った花崗岩峡谷にある古道。”El Caminito del Rey”とはスペイン語で「王の小道」を意味し、また”El Camino Del Rey”(エル・カミーノ・デル・レイ、王の道)とも呼ばれる。ロッククライミングの名所、エル・チョロ(El Chorro)の断崖絶壁に作られているためクライミング目的の観光客がよく訪れるが、現在では道の荒廃・崩落が進んで踏破するには危険な廃道と化しており、基本的に立ち入りは禁止されている。

概要[編集]

断崖絶壁の峡谷沿いに、広いところでも道幅1mに満たない小道と桟道が、全長3kmほどに渡って続いている。

王の小道は1901年、周辺の治水工事のための資材と人員の移動を目的として、チョロ滝ガイタネーホ滝の間に建設が開始され、4年後の1905年に完成する。1921年に当時のスペイン国王アルフォンソ13世が上流に完成したグアダルオルセ伯爵ダム完成式典に出席する際にこの道を通行したため、その後「王の小道」という通称で呼ばれることになった。しかし、ダムが完成してからは用途がほとんどなくなり、長年に渡って放置された状態が続いている。その後に事故が相次ぎ、1999年と2000年に起きた2件の事故で計4人が死亡してからは入り口に柵が設けられ原則として立ち入り禁止となっているが、現在もトレッキングやクライミング目的の観光客が多く訪れる。

道の大部分は鉄の支柱と梁の上に板状のコンクリートを成形した簡単な桟道から成るが、その幅は非常に狭く、安全柵はほとんど失われている。そのため、通行者は安全ロープを身に付け、岩肌に沿って渡された鎖やワイヤーを伝って歩く必要がある。土台となるべき薄いコンクリート面は至る所で穴が空き、いつ崩落してもおかしくない。また、中には完全に崩落している部分もある。そういったところでは、残った細い鉄の梁を伝って歩かねばならない。そのため、一歩足を踏み外せば最高230m(700ft)から谷底まで真っ逆さまに転落してしまう。

現在、アンダルシア州自治政府では700万ユーロを投じる再整備計画が検討されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯36度54分57秒 西経4度46分22秒 / 北緯36.91583度 西経4.77278度 / 36.91583; -4.77278