エリック・トヒル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリック・トヒル
生誕 Erick Thohir
1970年5月30日(44歳)
インドネシアの旗 インドネシアジャカルタ
出身校 アメリカ合衆国の旗 グレンデイル・コミュニティ・カレッジ英語版 - 文学士
アメリカ合衆国の旗 ナショナル・ユニバーシティ英語版 - 経営学修士(MBA)
職業 実業家
宗教 イスラーム教

エリック・トヒル(Erick Thohir, 1970年5月30日 - )は、インドネシアジャカルタ出身の実業家。コングロマリット(複合企業)であるマハカ・グループ英語版のオーナーである[1]。個人資産は80億ドルに及ぶとされている[2]

人物[編集]

1970年5月30日、インドネシアの首都ジャカルタに生まれた。父親のテディ・トヒルはインドネシア有数のコングロマリットであるアストラ・インターナショナルの設立者のひとりであり、ウイリアム・スリヤジャヤとともに共同経営者である。エリックは3人兄弟の末子であり、ひとりの兄と一人の姉がいる。兄のガリバルディ・トヒルは10億ドルの資産を持つ投資家であり[3]、2013年にフォーブスが発表した長者番付では1250位(インドネシア19位)にランクインしている[4]。エリックは幼少時からファミリービジネスを手伝っていた。グレンデイル・コミュニティ・カレッジ英語版文学士を、1993年にアメリカ・カリフォルニア州のナショナル・ユニバーシティ英語版経営学修士(MBA)を取得した。2009年時点で4人の子どもがいる。

アメリカからインドネシアに戻ると、Muhammad Lutfi、Wisnu Wardhana、R・Harry Zulnardyとともに、1993年にマハカ・グループ英語版を設立した。マハカは元々出版社だったが、2001年には破産に直面していたインドネシアの高級紙レプブリカ英語版を買収し、複数のテレビ局・複数のラジオ局を傘下に置くなどし[1]、総合メディアグループとなった。

スポーツとの関わり[編集]

インドネシアオリンピック委員会の副会長を務めた経験がある[5]

バスケットボール[編集]

バスケットボール好きを公言しており、1999年にインドネシアのバスケットボールクラブであるサトリア・ムダ・ブリタマ・ジャカルタ英語版を買収した[6]。また、ASEANバスケットボールリーグに参加するインドネシア・ウォリアーズ英語版の会長でもある。2006年まではインドネシアバスケットボール協会の会長であり[6]、現在は東南アジアバスケットボール協会(SEABA)の会長である[7]

2011年のNBAオールスターゲーム後、元バスケットボール代理人のジェイソン・レヴィエンとともに、アメリカのフィラデルフィア・セブンティシクサーズの買収交渉を行なった[1]。セブンティシクサーズの買収団はハリウッド俳優のウィル・スミス、ウィルの妻で女優・歌手のジェイダ・ピンケット=スミス、レヴィエン、トヒルなどで構成され、トヒルはアジア人として初めてNBAのチームのオーナーとなった[7][6]

サッカー[編集]

幼少の頃からテレビでFIFAワールドカップを観戦しており、オランダ代表のプレーに夢中になったという[8]。もっとも好きなインテルの選手にはニコラ・ヴェントラを挙げている[8][9]

リーガ・インドネシアに参加するペルシブ・バンドンの会長でもある。2012年7月、トヒルとレヴィエンはアメリカ・メジャーリーグサッカー(MLS)のD.C.ユナイテッドの筆頭株主となり、新スタジアム建設などの経営改善策を模索している[10][1]

インテル

2012年のプレシーズンにはイタリア・セリエAインテルがインドネシアを訪れており、この際にインテルを目に留めたとされる[1]。2013年5月にはインテルの買収に乗り出したことが報じられ[2]、当初は20-30%の株式を保有して経営に参画する手はずだったが、9月18日には80-100%の株式を取得して筆頭株主となることで大筋の合意に達した[1]。10月15日、トヒル、ロサン・ロスラニ、ハンディ・ソテジョが経営するインターナショナル・スポーツ・キャピタル(ISC)は、インテルの株式の70%を取得して筆頭株主となった[5]。買収額は3億5000万ユーロ(約465億円)。モラッティが経営するインテルナツィオナーレ・ホールディングが29.5%を保有し、その他の株主が0.5%を保有している[11]。当初はマッシモ・モラッティが会長に留任する方向だったが[2]、11月15日、インテルの取締役会でトヒルが新会長に任命され、クラブ初の外国人オーナーとなった[12]。モラッティは会長職を退いて名誉会長となった[11]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 名門クラブがなぜ? 名物会長の去就は? インテル身売り交渉の真相 Football Channel、2013年10月2日
  2. ^ a b c インテル、クラブ売却も? インドネシアから大型オファーか Goal.com、2013年5月31日
  3. ^ Garibaldi Thohir Forbes
  4. ^ The World's Billionaires Indonesia Forbes
  5. ^ a b インテル、インドネシア人企業家グループへの株式売却が正式決定 Soccer King、2013年10月16日
  6. ^ a b c Media Magnate Breaks New Ground With Philadelphia 76ers Jakarta Globe、2013年10月23日
  7. ^ a b Erick Thohir becomes first Asian to own NBA team The Jakarta Post、2013年10月20日
  8. ^ a b Thohir: “My favourite player? Ventola But my son supports Juventus” Gazzetta dello sport、2013年10月24日
  9. ^ ヴェントラの妻はブラジル出身モデルのカルティカ・ルイェであり、ルイェの母親はインドネシア人であるが、このこととは関係ないという。これについての出典はエリック・トヒル:「米国スポーツビジネスのモデルをベースに」インテル日本語公式サイトである。
  10. ^ D.C. United’s new investors Erick Thohir, Jason Levien should boost quest for stadium The Washington Post、2012年11月7日
  11. ^ a b インテルのモラッティ氏が名誉会長に…新会長はインドネシア人実業家 Soccer King、2013年11月16日
  12. ^ アジアの大富豪がインテル新会長に 名門の人心をつかんだ実績と中庸 Number Web、2013年12月4日