エリオット・ソーバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エリオット・ソーバーElliott Sober, 1948年 - )はアメリカ合衆国哲学者ボルチモア出身。ハーバード大学においてヒラリー・パトナムの下で学び、Ph. Dを取得。現在はウィスコンシン大学で教鞭を取り、1989年よりハンス・ライヘンバッハ教授職、1993年よりウィリアム・ヴィラス教授職を勤めている。2003-2005年にはアメリカ科学哲学会会長。専門は生物学の哲学および統計学確率の哲学。生物学の哲学においては、自然選択説系統分類学方法論最適化理論利他主義の進化や集団選択創造論インテリジェント・デザインなど、統計・確率の哲学においてはベイズ主義尤度主義、あるいは赤池情報量基準(AIC)などに基づくモデル選択などを巡る論文・著作を多数発表している。

著書[編集]

  • Evidence and Evolution, Cambridge University Press, 2008.
  • (edited with Steven Orzack) Adaptationism and Optimality, Cambridge University Press, 2001.
  • (with David S. Wilson) Unto Others: The Evolution and Psychology of Unselfish Behavior, Harvard University Press, 1998.
  • From a Biological Point of View: Essays in Evolutionary Philosophy, Cambridge University Press, 1994.
  • Philosophy of Biology, Westview Press, 1993; 2nd edition, 1999.
『進化論の射程—生物学の哲学入門』 エリオット・ソーバー著 松本俊吉、 網谷祐一、森元良太訳 春秋社 2009年
  • (with Erik Wright and Andrew Levine) Reconstructing Marxism: Essays on Explanation and the Theory of History, Verso Press, 1992.
  • Core Questions in Philosophy: A Text with Readings, Macmillan, 1990; 2nd edition, Prentice Hall, 1995; 3rd edition, 2000; 4th edition, 2005; 5th edition, 2008.
  • Reconstructing the Past: Parsimony, Evolution, and Inference, Bradford/MIT Press, 1988.
『過去を復元する:最節約原理・進化論・推論』 エリオット・ソーバー著 三中信宏訳 勁草書房 2010年(復刊予定)
  • The Nature of Selection: Evolutionary Theory in Philosophical Focus, Bradford/MIT Press, 1984; 2nd edition, University of Chicago Press, 1993.
  • (edited) Conceptual Issues in Evolutionary Biology: An Anthology, Bradford/MIT Press, 1984; 2nd edition 1993, 3rd edition, 2006.
  • Simplicity, Oxford University Press, 1975.

外部リンク[編集]