エミール・ヴィーヘルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エミール・ヴィーヘルト
Emil Wiechert
人物情報
生誕 1861年12月26日
死没 1928年3月19日(満66歳没)
出身校 ケーニヒスベルク大学英語版
学問
研究分野 地球物理学
研究機関 ゲッティンゲン大学
テンプレートを表示

エミール・ヨハン・ヴィーヘルト: Emil Johann Wiechert1861年12月26日 - 1928年3月19日)はドイツ地球物理学者電磁気学の分野では、リエナール・ヴィーヘルト・ポテンシャルに名前が残っており、地震学の先駆的な実験をおこなった。

東プロイセンティルジット(現在はソヴィェツク)に生まれた。家族と共にケーニヒスベルクに移り、ケーニヒスベルク大学英語版に学び、1889年に博士号を得た。翌年、パウル・フォルクマンドイツ語版助手となり、物理学を教えた。1897年にゲッティンゲン大学に招かれ、ヴォルデマール・フォークトの助手となった。1905年に教授となった。

地質学の分野では、地球の内部構造が一連の殻構造となっていることを最初に提案し、地震波の伝播に関する論文を発表した。地震計を改良し、人工的な地震を起こして、地質の探査をおこなった。1922年にドイツ地震学会から改称してドイツ地球物理学会ドイツ語版(DGG)を設立し初代の会長となった。

エミール・ヴィーヘルト・メダル[編集]

ドイツ地球物理学会はエミール・ヴィーヘルトの功績を称えてエミール・ヴィーヘルト・メダル (Emil-Wiechert-Medaille) を創設した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]