エッケハルト1世 (マイセン辺境伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エッケハルト1世Ekkehard I, 960年頃 - 1002年4月30日 ペールデ)は、エッケハルディン家出身のマイセン辺境伯(在位:985年 - 1002年)、テューリンゲン辺境伯(在位:1000年 - 1002年)。メルゼブルク伯ギュンターボヘミアボレスラフ1世の娘ドゥブラフカとの息子。ヘルマン・ビルングの娘シュヴァンヒルトと結婚した。

ボヘミア公ボレスラフ2世が城の占拠を解いた後の987年、あるいはその少し後に神聖ローマ皇帝オットー3世からマイセン辺境伯に任命された。990年ポーランドとボヘミアとの間の和平交渉に出かけ、Liutizenの捕虜となってしまったが、ボレスラフ2世の調停により釈放されている。

その数年後にエッケハルト1世は異父弟のポーランド王ボレスワフ1世と同盟を結び、テューリンゲン辺境伯に叙され、さらには1002年のオットー3世の死後王位を得ようと働きかけたが、同年に反対派によってペールデの城館で殺害された。マイセンは弟のグンツェリンが、テューリンゲンはヴァイマール伯ヴィルヘルム2世が継承した。

子供たち[編集]

文献[編集]

(ドイツ語版の参考文献として挙げられているものであり、日本語版の作成に直接参照はしておりません)

  • Eberhard Holz / Wolfgang Huschner (Hrsg.): Deutsche Fürsten des Mittelalters. Edition Leipzig, Leipzig 1995, ISBN 3361004373

外部リンク[編集]

(ドイツ語版の外部リンクとして挙げられているものであり、日本語版の作成に直接参照はしておりません)

先代:
リクダック
マイセン辺境伯
985年? - 1002年
次代:
グンツェリン