ウィリアム・リー・デイヴィッドソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウィリアム・リー・デイヴィッドソン (William Lee Davidson1746年 - 1781年) は、アメリカ独立戦争ノースカロライナ州将軍

生い立ち[編集]

1750年、ノースカロライナ州ローワン郡に父を含む家族と共に転居し、長男であったウィリアムはシャーロットのクイーンズ・ミュージアム(現在リバティ・ホール)で教育を受けた[1]

軍事行為[編集]

彼の軍事行為は1775年12月のスノー・キャンペーンの間、グリフィス・ラザフォード将軍の副官として始まり、1776年、ノースカロライナ第4連隊の少佐に昇進した。連隊と共に北に向かい、ジャーマンタウンの戦いに参戦しノースカロライナ第5連隊中佐に昇進。ジョージ・ワシントン『ライトホース・ハリー』・リーダニエル・モーガンなどと共にいたバレーフォージでは有力な軍事司令官達のほとんどと友達になった。命令なく出発しイギリス軍カタウバ川を渡るのを阻むことになり、グリフィス・ラザフォードはデイヴィッドソンを彼の副司令官に任命。1780年7月21日、コルソンズ・ミルの戦いで重傷を負い、ラザフォードが捕虜となったキャムデンの戦いに参戦することができなかった。デイヴィッドソンは准将に昇進し、ラザフォードのソールズベリー地区民兵の指揮権を与えられた。1780年9月下旬、チャールズ・コーンウォリス侯爵のシャーロットへの侵入の防御に参戦。1781年2月1日、デイヴィッドソンはノースカロライナ州メクレンバーグ郡でのコウワンズ・フォードの戦いで、コーンウォリスのノースカロライナ州への再侵入を防御している最中に亡くなった。デイヴィッドソン将軍は川岸近くに着いたイギリス軍とドイツ兵を誘導するために部下達を集結させようとしていたが、交戦が始まって数分後にデイヴィッドソンは亡くなった[2]。戦いの後、その日の夜に同僚により遺体を収容され、シャーロットのビーティーズ・フォード通り北のホープウェル長老派教会に埋葬された[3] [4] [5] [6] [7]

デイヴィッドソンにちなんだ地名と大学[編集]

アメリカ合衆国議会は500ドルで記念碑を建てることを可決したが、実現しなかった[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Wikisource-logo.svg Davidson, William”. Appletons' Cyclopædia of American Biography. (1900). 
  2. ^ ^ Stonestreet, O.C. IV, The Battle of Cowan's Ford: General Davidson's Stand on the Catawba River and its place in North Carolina History, (Createspace Publishing, 2012) ISBN 978-1468077308.pp.10-11.
  3. ^ William S. Powell, Ed., Dictionary of North Carolina Biography (The University of North Carolina Press, Chapel Hill: 1991), Vol. 2, pp. 27-28.
  4. ^ Charles B. Baxley, “Battle of Cowan’s Ford”, SCAR, Vol. 3, No. 2, February 2006, p. 3.
  5. ^ Chalmers Davidson. Piedmont Partisan: The Life and Times of Brigadier General William Lee Davidson. Davidson: Davidson College, 1951.
  6. ^ O’Kelley, Patrick. Nothing but Blood and Slaughter: The Revolutionary War in the Carolinas: Volume Three 1781. Booklocker.com. 2005.
  7. ^ Muster Roll of 5th NC Division at Valley Forge

外部リンク[編集]