ウィリアム・ファリシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアム・ファリシュ

ウィリアム・スタンプス・ファリシュWilliam Stamps Farish1939年3月17日 - )はテキサス州ヒューストン出身のレーンズエンドファームを経営する競走馬生産者である。ウィリアム・ファリシュ3世と表記されることもある。2001年8月1日から2004年6月11日まで在イギリスアメリカ合衆国大使を務めた。そのためイギリスの調教師との繋がりがあり、マインシャフトなど自身の生産馬をイギリスで走らすこともある。他にもエリザベス2世女王との交流があり、エリザベス2世女王が渡米した際にはレーンズエンドファームに滞在したことがあった。馬主としてレーンズエンドファーム名義と別に競走馬の所有もしている。

主な生産馬[編集]

勝)

主な所有馬[編集]

外交職
先代:
フィリップ・レイダー
在イギリスアメリカ合衆国特命全権大使
2001年8月1日 - 2004年6月11日
次代:
ロバート・タトル