ウィリアム・エドワード・エアトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアム・E・エアトン

ウィリアム・エドワード・エアトンWilliam Edward Ayrton1847年9月14日 - 1908年11月8日)はイギリス物理学者である。お雇い外国人として明治6年(1873年)から11年まで工部省工学寮(1877年工部大学校に改称、東京大学工学部の前身)で教えた。日本で初めてアーク灯を点灯した。

最初に結婚した医師、マチルダ・チャップリン=エアトンとは一緒に来日し、マルチダは日本では助産師の学校を開き、自ら教えた。英国に帰国後再婚したハータ・エアトンも女性科学者として業績をあげた。

来歴[編集]

1847年、ロンドンに生まれた。ロンドンのユニバシティ・カレッジで学び、1868年インドのベンガルで通信建設の仕事についた。1873年、明治政府の招きで来日し、工部大学の教授となった。6年間日本に滞在した後ロンドンのフィンスベリー工科大学(Finsbury College of the City and Guilds of London Technical Institute)の応用物理学の教授になった。1884年にCentral Technical Collegeの電気工学の教授になった。1885年にハータと結婚した。多くの論文を発表しているが、特にジョン・ペリーと共同で行った、電気計測機器の開発で知られている。

関連項目[編集]