ハータ・エアトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハータ・エアトン

ハータ・エアトンHertha (Sarah) Marks Ayrton1854年4月28日 - 1923年8月23日)はイギリスの女性科学者発明家である。女性として初めて電気学会のメンバーに選ばれた。1906年王立協会からヒューズ・メダルを受賞した。

ユダヤ系ポーランド移民の子供としてポートシーに生れた。ケンブリッジ大学ガートン・カレッジで数学を学んだ。卒業すると名前をPhoebe Sarah Marksからハータに改めた。1884年に線分の等分器を発明し、女性運動家のBodichon婦人の資金援助を受けて、フィンズベリの工科大学で、後に結婚することになるウィリアム・エドワード・エアトンのもとで物理学を学んだ。1902年にアーク放電の研究を行い注目され、電気学会(IEE)の会員に女性として初めて選ばれた。