ウィリアムズ FJ44

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアムズ・インターナショナル FJ44-3ATW

ウィリアムズ FJ44は、ウィリアムズ・インターナショナルロールス・ロイス plcが軽量ビジネスジェット市場に向けて製造している、小型・2軸のターボファンエンジンのシリーズである。近年、超軽量ジェット機市場がブームになるまで、FJ44は民間機で使用可能な最も小型のターボファンエンジンであった。FJ44はウィリアムズの設計に基づいているが、初期の段階でロールス・ロイスがプロジェクトに参加し、エンジンの空冷高圧タービンの設計・開発・製造を担当した。FJ44は1988年7月12日に、スケールド・コンポジッツ/ビーチクラフト トライアンフで初飛行を行った。

ウィリアムズ FJ33は、FJ44の設計に基づいたより小型のエンジンである。

設計と開発[編集]

1992年に推力1,900 lbf (8.5 kN)のFJ44-1Aの量産が開始された。これは、2段の低圧(LP)タービンで駆動される、直径20.9 in (530 mm)20.9 in (531 mm)の1段ブリスク式ファンと1段の中圧(IP)ブースター、1段の非冷却高圧(HP)タービンで駆動される1段の遠心式高圧(HP)圧縮機で過給される。燃焼室は、衝突冷却式の環状の設計である。燃焼は、通常の燃料空気混合器や気化器ではなく、珍しい回転燃料ノズルシステムによって燃焼室に供給される。パイパスダクトはエンジンの全長と同じ長さである。推力 1,900 lbf (8.5 kN)での、国際標準大気、海面高度で静止状態での単位推力毎の1時間あたりの燃料消費率は 0.456 lb/hr/lbf である。推力を1,500 lbf (6.7 kN)に低減した派生機種であるFJ44-1C の燃料消費率は 0.460 lb/hr/lbf である。[1][2]

推力を2,300 lbf (10 kN)に上げた改良型のFJ44-2A は1997年に投入された。コア流量を増やすため、2段のブースターが追加され、ファンはより大きな 21.7 in (551 mm) となった。応力が考慮され空気力学的により低い圧縮比になり、高圧遠心式圧縮機の圧縮比がFJ44-1よりも下げられた[3]。他には、排気混合器と電子燃料制御装置を導入した。推力2,400 lbf (11 kN)のFJ44-2C は -2A と類似しているが、統合型油圧機械式燃料制御装置を導入した。

2004年にさらに改良された推力2,820 lbf (12.5 kN)の FJ44-3A が投入された。これは -2A と類似しているが、ファンの直径を拡大し、デュアルチャネルの FADEC を装備している[4]。推力2,490 lbf (11.1 kN)の FJ44-3A-24 は -3A の出力を下げた機種である。

2005年に、新しいローエンド版の FJ44-1AP が導入された。離陸推力は1,965 lbf (8.74 kN)で、燃料消費率を 5% 改善し、内部温度を低減させた。 -1AP は -1A と類似しているが、ファンの圧縮比が上がり、新しい燃焼室と低圧タービン、新しい全長を覆うバイパスダクト/排気混合器、デュアルチャネルの FADEC を装備した[5]

2007年に推力3,600 lbf (16 kN)の FJ44-4 が投入された。これは -3 よりも直径が大きいハイテクファンを備えている[6][7]。2010年3月の時点においてこのエンジンはセスナ CJ4のみに搭載される。

派生型番[編集]

FJ44-1A
FJ44-1AP
FJ44-2A
FJ44-3A
FJ44-4
F129
FJ44 を 1500 lbf (6.672 kN) に出力制限した、軍事用の型番。

搭載機種[編集]

以下の航空機はFJ44型のエンジンを搭載している:[8]

FJ44-1
FJ44-2
FJ44-3
F129

仕様[編集]

FJ44 の仕様
FJ44-1A FJ44-1C FJ44-1AP FJ44-2A FJ44-2C FJ44-3A FJ44-3A-24 FJ44-4
推力 (lbf) 1,900 1,500 1,965 2,300 2,400 2,820 2,490 3,600
推力 (N) 8,452 6,672 8,741 10,231 10,676 12,544 11,076 15,569
燃料消費率 (lb/hr/lbf) 0.456 0.460 - - - - - -
乾燥重量 (lb) 460 460 468 530 520 535 535 650
乾燥重量 (kg) 209 209 212 240 236 243 243 295
全長 (in) 53.3 53.3 57.9 59.8 59.8 62.4 62.4 68.6
全長 (mm) 1,354 1,354 1,471 1,519 1,519 1,585 1,585 1,742
ファンの直径 (in) 20.9 20.9 20.7 21.7 21.7 22.9 22.9 25.2
ファンの直径 (mm) 531 531 526 551 551 582 582 640
バイパス比 3.28[9] 3.28[9] - 4.1[9] - - - -

関連項目[編集]

参照[編集]

  1. ^ FJ44-1 at www.williams-int.com, Accessed 2006-05-07
  2. ^ FJ44 for military trainer aircraft at defence.rolls-royce.com, Accessed 2006-05-07
  3. ^ FJ44-2 at www.williams-int.com, Accessed 2006-05-07
  4. ^ FJ44-3 at www.williams-int.com, Accessed 2006-05-07
  5. ^ FJ44-1AP at www.williams-int.com, Accessed 2006-05-07
  6. ^ FJ44-4 at www.williams-int.com, Accessed 2006-05-07
  7. ^ FJ44-4 at www.williams-int.com, Accessed 2010-03-12
  8. ^ Airplanes using FJ series engines at www.williams-int.com, Accessed 2006-05-07
  9. ^ a b c Venik's Aviation - Jet Engines - USA

外部リンク[編集]