イル・マニフェスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イル・マニフェスト(Il Manifesto)
種類 日刊紙(月曜日休刊)
サイズ {{{サイズ}}}

創刊 1969年6月23日
言語 イタリア語
発行数 21344部(2010年)
ウェブサイト http://www.ilmanifesto.it/
本社所在地 ローマ
テンプレートを表示

イル・マニフェストIl Manifesto)はイタリアの左翼系日刊新聞である。

沿革[編集]

1969年6月23日に月刊誌として創刊され、1971年4月に日刊紙となった。

2005年2月4日、女性記者ジュリアーナ・スグレーナit:Giuliana Sgrena)がバグダードモスクで取材を終えた後、武装勢力に拉致され、その後、イタリア軍を含む外国軍のイラクからの撤退と自身の解放を訴えるビデオ映像が流された。4週間にわたり拘束された後、解放され、3月4日に車でバグダード国際空港へ向かう途中、駐留アメリカ軍に銃撃され負傷、同乗していたイタリア情報部員で救出チーム責任者のニコラ・カリパリit:Nicola Calipari)が死亡した。[1][2]

脚注[編集]

  1. ^ 「米軍、解放の伊記者誤射 バグダッド」東京新聞、2005年3月5日
  2. ^ ジュリアーナ・スグレナさん イラクでの人質体験を出版 - ドイツ、AFP BB News、2006年2月3日、ライプチヒ・ブックフェアにG・ズグレーナさんの著書が登場 - ドイツ、AFP BB News、2006年3月17日、伊情報部員誤射事件、「米国は捜査に非協力的」と伊外相が非難 - イタリア、AFP BB News、2006年6月21日--2011年9月24日閲覧。