イファト・スルタン国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イファト・スルタン国(IFAT)の領域。1300年頃。

イファト・スルタン国(1285年頃 - 1415年頃)は現在のエチオピア首都アディスアベバ周辺から東を支配していたイスラーム教徒の国。

14世紀の歴史家アル=ウマリ英語版は、紅海沿岸に旅程15~20日の大きさの国があり、その国は騎兵1万5千、歩兵2万を有しており、その主要7都市はベルクルザール、クルジュラ、シミ、シェワ、アダル、ジャメ、ラボーであったと報告している[1]。イファトはおそらくこの他にファタガル、ダワロ、バレといった都市を支配しており、港湾都市ゼイラまでの交通路を押さえていた[2]。その中心部はワララーであり、現在のアディスアベバから東北東80キロメートルの位置にあるワラレのことと考えられている。その領域は、東はアワッシュ川(エチオピアとジブチの国境付近)、西はジャマ川英語版、その北はアバダイ川英語版であったと推定する研究者もいる[3]

イファト・スルタン国の位置(エチオピア内)
ゼイラ
ゼイラ
アダル
アダル
シェワ
シェワ
イファト
イファト
関連地図(国境は現在のもの)

歴史[編集]

エチオピアは古代から象牙などを港町ゼイラなどを通じて輸出していた。その輸送を請け負ったのはイスラーム商人であり、10世紀末~11世紀始め頃から活動が盛んになった[4]。イスラーム勢力はその輸送ルートを通じて内陸部に徐々に浸透していき、11世紀頃にはシェワ英語版にまで達していた[5]。後にエチオピア帝国の首都となるシェワであるが、その直前はキリスト教徒とイスラーム教徒が混在する地域であった。エチオピアのザグウェ王朝が南部のイクノ・アムラクらの勢力(後のエチオピア帝国)に滅ぼされたのは、このルートを通しての交易が盛んになってイクノ・アムラクらが活動していた地域の重要性が増したからという一面もある[6]

イファトの名が歴史に登場するのは13世紀である。1285年、イファト王のウマル・ワラシュマあるいはその息子アリが、シェワ英語版のイスラーム国を征服したことが記録されている。エチオピア帝国の初代皇帝イクノ・アムラクも同時期にシェワを狙ったため[7]、2勢力は長く争うことになった。イファト側の勢力は必ずしも一枚岩ではなく、戦いは全体的にはエチオピア有利であった[8]。イファトは最終的にはエチオピア皇帝アムダ・セヨン1世英語版に打ち負かされ、イファト王がジャマル・アドディン英語版から兄弟のナスル・アドディンに変えられてエチオピアの属国となった。この時点で、イファトの支配領域はゼイラにまで及んでいた[9][10]

しかしこの後も、イファトの反乱は続いた。15世紀始め、エチオピア皇帝は再び「君主の敵」を倒すためにイファトに侵入した。イファトは破れ、王のサアド・アドディン英語版はゼイラへと逃亡したが最終的に殺された。このときの経緯について、中世の歴史家アル=マクリジ英語版は、1403年にエチオピア皇帝ダウィト1世英語版がアダルの王サアド・アドディンを殺したと記しているが(アダルもサアド・アドディンの支配地だった)、1415年にエチオピア皇帝イシャク1世英語版が殺したとする話もある[11]。イシャク1世は戦勝を記念した歌を作っており、この歌詞に「ソマリ」の名が文献として初めて登場する[12]

この戦いによって一時イスラーム勢力が力を落としたが、間もなくイファトの支配者の一族が復活してアダルを中心にアダル・スルタン国を建て、イファトにも再びイスラーム教徒が住んだ。さらにその後はオロモ人の土地となった。イファトの名称は、エチオピアオロミア州の中の土地の名として残されている。

脚注[編集]

  1. ^ G.W.B. Huntingford, The Glorious Victories of Ameda Seyon, King of Ethiopia (Oxford: University Press, 1965), p. 20.
  2. ^ Taddesse Tamrat, Church and State in Ethiopia (1270-1527) (Oxford: Clarendon Press, 1972), p. 84.
  3. ^ G.W.B. Huntingford, The historical geography of Ethiopia from the first century AD to 1704, (Oxford University Press: 1989), p. 76
  4. ^ 岡倉:1999
  5. ^ 川田:2009
  6. ^ ユネスコ:1992
  7. ^ Taddesse Tamrat, Church and State, p. 125
  8. ^ "Ethiopia: Growth of Regional Muslim States" (accessed 4 November 2009)
  9. ^ britannica.com Ifat
  10. ^ The Glorious Victories, p. 107.
  11. ^ J. Spencer Trimingham, Islam in Ethiopia (Oxford: Geoffrey Cumberlege for the University Press, 1952), p. 74 and note explains the discrepancy in the sources.
  12. ^ Mohamed Diriye Abdullahi "Culture and Customs of Somalia" p.16, 2001, Greenwood Press, ISBN 978-0313361371

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]