イネ馬鹿苗病菌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イネ馬鹿苗病菌
Gibberella fujikuroi.jpg
分類
: 菌界 Fungi
: 子嚢菌門 Ascomycota
: フンタマカビ綱 Sordariomycetes
亜綱 : ボタンタケ亜綱 Hypocreomycetidae
: ボタンタケ目 Hypocreales
: ネクトリア科 Nectriaceae
: ジベレラ属 Gibberella
: G. fujikuroi
学名
Gibberella fujikuroi
(Sawada) Wollenw., (1931)
シノニム

(不完全世代)Fusarium fujikuroi Nirenberg

イネ馬鹿苗病菌(イネばかなえびょうきん、学名Gibberella fujikuroi )は、植物病原菌の一つ。自らの代謝産物である植物ホルモンジベレリンによってイネの苗が異常に成長させられるイネ馬鹿苗病を引き起こす。

属名のGibberellaラテン語で「小さなこぶ」を意味する。

関連項目[編集]