イザナミ (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イザナミ
(伊弉冉)
10227 Izanami
仮符号・別名 1997 VO6
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
発見
発見日 1997年11月4日
発見者 香川哲男
浦田武
軌道要素と性質
元期:2009年6月18日 (JD 2,455,000.5)
軌道長半径 (a) 3.130 AU
近日点距離 (q) 2.920 AU
遠日点距離 (Q) 3.339 AU
離心率 (e) 0.067
公転周期 (P) 5.54
軌道傾斜角 (i) 12.66
近日点引数 (ω) 163.06 度
昇交点黄経 (Ω) 244.21 度
平均近点角 (M) 41.25 度
物理的性質
直径 26.79 km
絶対等級 (H) 12.20
アルベド(反射能) 0.0325
■Project ■Template

イザナミ (10227 Izanami) は、太陽系小惑星のひとつ。火星木星の間にある小惑星帯の比較的外側を公転している。静岡県函南町の月光天文台で発見された。

命名[編集]

発見者の一人の浦田武により、日本神話に登場する女神の一人であるイザナミノミコト(伊弉冉尊、伊邪那美命、伊弉弥命)から命名された。イザナミは夫であるイザナキノミコト(伊弉諾尊、伊邪那岐命)と共に「淤能碁呂(おのころ)島」で夫婦の契りを結び、その後日本列島を創造したとされている。なお「おのころ島」については淡路島の南に浮かぶ沼島であるとするなど、日本各地に伝承が残されている。イザナミは火の神・カグツチ(火之加具土神)を生んだ時に焼死し、黄泉の国へ去ったとされている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]