イェータ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イェータ川
イェータ川 2004年7月18日撮影
延長 93 km
水源の標高 -- m
平均流量 570 /s
流域面積 51,120 km²
河口・合流先 カテガット海峡
流域 スウェーデン
テンプレートを表示
流路

イェータ川(Göta älv)は、ヴェーネルン湖から流れ出て、スウェーデンの西海岸を流れる河川である。流域は、初期イェート人en:Geats)の居住地であるイェータランドに属する。クングエルブen:Kungälv)の川沿いには、ボフス要塞en:Bohus Fortress)がある。ここで南西の方角へNordre川を分ける。さらに南へ流れイェーテボリ市でカテガット海峡へ注ぐ。

トロルヘッタンでは、ダム、運河の閘門、そして水力発電所が設けられている。閘門は、大きな貨物船さえも航行可能にし、またその川は、ストックホルムまで大部分が内陸を通る水路であるイェータ運河の一部を成している。

イェータ川の発電所は、トロルヘッタン周辺に集まっている鉄鋼産業に電力を供給し、産業革命に貢献した。夏の間には毎日数分間、ダムの放水路が開かれ、観光客が川を流れ落ちる水を見るために集まってくる。

座標: 北緯58度00分00秒 東経12度07分34秒 / 北緯58.00000度 東経12.12611度 / 58.00000; 12.12611