イェータ運河

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴェッテルン湖とバルト海の間のイェータ運河を示す地図
リンシェーピング近くのベリにあるベリ閘門、Roxen湖への降下
Boren湖への降下時の閘門通過

イェータ運河は、19世紀初期に建設されたスウェーデン運河である。この運河は、スウェーデンの西海岸にあるイェーテボリから、イェータ川トロルヘッタン運河en:Trollhätte canal)でつながり、ヴェーネルン湖ヴェッテルン湖を通って、en:Motala strömと平行して、バルト海にあるセーデルシェーピングまで伸びている。

建造者は、バルツァール・フォン・プラテンen:Baltzar von Platen)で、スウェーデン王の依頼でイギリスの土木技師トーマス・テルフォードen:Thomas Telford)によって以前に作成された計画に従った。プランテは、1810年4月11日に着工の許可を得、そして運河は、1832年9月26日に正式に開通した。テルフォード自身、計画に基づく初期の掘削を監督するために1810年にスウェーデンへ旅した。鉄道の出現のほんの10年前に築造されたため、運河はすぐに時代遅れになり、以後は改良されなかった。現在、運河は、観光地となっており、時にスウェーデンのブルー・リボンと呼ばれる。

運河の築造を機械装置で手助けするため、小さな技術作業所がモータラ市en:Motala)に設立されモータラ工場en:Motala Verkstad)と呼ばれた。この事業は、時々「スウェーデンの土木事業のゆりかご」として言及される。

フィクションの中[編集]

いくつかの映画がイェータ運河を描いている。最も有名なのは1981年の『イェータ運河』で、その中では、張り合う2つのヨット建造者が、巨額の建造注文を得るために運河を競走する。2006年には、映画『イェータ運河2』が公開された。

閘門[編集]

スウェーデンの東海岸から西海岸までの閘門は、次のとおりである。(閘門ごとのメートルを併記)

ヴェッテルン湖

関連項目[編集]

文献目録[編集]

  • Eric de Maré, Swedish Cross Cut, Sweden, 1965. (In English)
  • 深井節子文・絵『イェータ運河を行く』(福音館書店、『たくさんのふしぎ』第99号、1993年6月)

外部リンク[編集]