アンリ・コルディエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アンリ・コルディエ (Henri Cordier, 1849年 - 1925年 )はフランスの中国学者、東洋学者。文献学・東西交渉史の研究で知られ、東洋研究雑誌『通報』(T'oung Pao)の創刊・維持に尽力した。著書に『支那書誌(ビブリオテカ・シニカ)』『日本書誌(ビブリオテカ・ ヤポニカ)』『支那通史』等があり、ヘンリー・ユールの著書『マルコ・ポーロ旅行記』『支那東達記』の改訂増補を行い、東洋学の発展に貢献した。

著書[編集]

著書[編集]

  • 『支那外交史 調査資料 自一八八八年至一九〇二年 第9輯』 南満洲鉄道株式会社総務部調査課 1919
  • 『支那法の根本問題』教育図書 1942 河合篤編訳

増補改定書[編集]

  • 『マルコ・ポーロ旅行記』河出書房, 1954 青木冨太郎訳 世界探検紀行全集 1
  • 『東西交渉史 ユーラシア叢書 支那及び支那への道』原書房, 1978 鈴木 俊訳・編

出典・参考[編集]

  • 三省堂大辞林』 「コルディエ」 編者:松村 明・三省堂編修所 (C) Sanseido Co.,Ltd. 2006 [2]