アンナ・カタジナ・コンスタンツィア・ヴァザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポーランド王女アンナ・カタジナ・コンスタンツィア

アンナ・カタジナ・コンスタンツィア・ヴァザAnna Katarzyna Konstancja Waza, 1619年8月7日ワルシャワ - 1651年10月8日ケルン)は、プファルツ=ノイブルク公フィリップ・ヴィルヘルムの最初の妃。ポーランドリトアニア大公ジグムント3世とその2番目の妻で神聖ローマ皇帝フェルディナント2世の妹であるコンスタンツェの末娘。

ポーランド議会は1633年、アンナの花嫁持参金としてブロドニツァ (en、ゴウビェ (en、トゥホラ (enの3郡を用意した。1637年、アンナと母方の従弟にあたるオーストリア=チロル大公フェルディナント・カールの縁談が持ち上がり、1639年1641年の間2人は婚約していた。しかしフェルディナント・カールの側がアンナの持参金の少なさに難色を示し、結局この結婚は実現しなかった。

1642年6月8日、アンナはプファルツ=ノイブルクの世継ぎ公子フィリップ・ヴィルヘルム(後にプファルツ選帝侯)と結婚した。アンナは1645年に男児を出産したが、息子は誕生してすぐに死んだ。アンナはこれ以後子供を授からず、1651年に亡くなってデュッセルドルフイエズス会の教会に埋葬された。