アンドリュー・D・ハミルトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アンドリュー・D・ハミルトンAndrew D・Hamilton1952年 - )は、イングランドサリー州ギルフォード生まれの化学者英国オックスフォード大学第296代学長(2009年10月1日より)。アメリカ合衆国イェール大学元学長(2004年から2008年)。

来歴[編集]

英国エクセター大学卒業(理学士、1974年)。カナダブリティッシュコロンビア大学修士課程修了(理学修士、1976年)、英国ケンブリッジ大学Ph.D.取得(1980年)。専門は超分子化学ケミカルバイオロジー生物有機化学ほか。

アメリカ合衆国プリンストン大学化学部助教授、ピッツバーグ大学準教授・教授を経て、1997年からイェール大学化学部教授。イェール大学化学部長(1999年から2003年)、イェール大学副学長(理学・技術部門担当、2003年から2004年)、イェール大学学長(Provost)、イェール大学ベンジャミン・シリマン講座教授を兼務(2004年10月から2008年10月1日まで)。2009年10月1日よりジョン・フッド前学長の後任としてオックスフォード大学第296代学長に就任。

イングランド出身の化学者であるが英国での教員歴はなく、アメリカ生活は28年に及ぶ。オックスフォード大学900年の歴史の中で学生または教員としてオックスフォード在籍歴のない初の学長に就任した。