アンドリュー・ヨーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アンドリュー・ヨークAndrew York, 1958年 - )はアメリカのクラシックギタリストであり作曲家

バージニア州で生まれ育ち、ジェームズ・マディスン大学でギター演奏を専攻し学士号を1980年に得る。その後南カリフォルニア大学にて修士号を1986年に修得する。両大学を「最優等」で卒業している。南カリフォルニア大学在学中にジャック・マーシャル記念奨学金及びマニロウ奨学金を与えられ、またデル・アモ財団からの奨学金でスペインに留学した。

ロサンジェルス・ギター・カルテット(LAGQ)のメンバー(2006年に脱退)として活躍する他にも、クラシック・ギターのための曲を数多く作曲している。ジョン・ウィリアムズが彼作曲の「ララバイ」と「サンバースト」をレコーディングした後、作曲家として広く認められるようになった。2009年度のグラミー賞を受賞したシャロン・イズビンのCD、"Journey to the New World"には「アンデシー」が収録されている。

また、ジャズギター・プレイヤーとしても熟達しており、学生時代にはジョー・ディオリオレニー・ブルーに師事した。

外部リンク[編集]