アントワーヌ・セザール・ベクレル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アントワーヌ・セザール・ベクレル
人物情報
生誕 1788年3月7日
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国 オルレアン シャティオン・シュル・ロワン
死没 1878年1月18日(満89歳没)
フランスの旗 フランス共和国 パリ
出身校 エコール・ポリテクニーク
学問
研究分野 鉱物学電気化学
研究機関 国立自然史博物館
主な業績 圧電現象の発見
影響を
与えた人物
アレクサンドル・エドモン・ベクレル
主な受賞歴 コプリ・メダル (1837年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

アントワーヌ・セザール・ベクレルAntoine César Becquerel1788年3月7日 - 1878年1月18日)は、フランスの科学者。電気化学、発光現象の研究のパイオニアである。アレクサンドル・エドモン・ベクレルの父、アンリ・ベクレルの祖父である。

オルレアンのシャティオン・シュル・ロワン(後のロワレ県シャティオン=コリニーフランス語版)に生まれた。エコール・ポリテクニークを出た後、1808年技術将校になった。1814年、軍を退役して科学研究の世界に入った。

初期の研究は鉱物学であったが、後に電気の分野、特に電気化学に貢献した。1819年圧電現象を発見した。1825年、電気抵抗の正確な計測のために差動電流計を発明した。1829年ダニエル電池の発明をうけて、定電流の電池を発明した。同年、息子のアレクサンドル・ベクレルと共に導電性液体に浸漬した電極に光電的な効果を発見した。

硫黄の精製、生化学の分野、気象の研究もおこなった。著書に

  • Traité de l'électricité et du magnétisme (1834 -1840),
  • Traité de physique dans ses rapports avec la chimie (1842),
  • Elements de électro-chimie (1843), Traité complet du magnétisme (1845),
  • Elements de physique terrestre et de meteorologié (1847),
  • Des climats et de l'influence qu'exercent les sols boisés et non boisés (1853)

などがある。

1837年にロンドン王立協会の外国人会員に選出され、同年コプリ・メダルを受賞した[1]。また、1937年から没年まで、国立自然史博物館で物理学の教授を務めた。

エッフェル塔に名前を刻まれた72人のフランスの科学者のひとりである。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Becquerel; Antoine Cesar (1788 - 1878)” (英語). Library and Archive catalogue. The Royal Society. 2012年3月27日閲覧。