アントワーヌ・アルノー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アントワーヌ・アルノー

アントワーヌ・アルノー(Antoine Arnauld、1612年2月6日 - 1694年8月8日)は、フランス神学者哲学者数学者論理学者言語学者ジャンセニズムの中心的人物。同名の父と区別するため、「大アルノー」と呼ばれる。ルイ14世外務大臣を務めたシモン・アルノー・ド・ポンポンヌは甥に当たる。

生涯[編集]

パリに生まれ、ソルボンヌ大学神学を学び、ジャンセニズムに傾倒する。ソルボンヌ時代に執筆したイエズス会批判の代表的著述に「イエズス会士たちの倫理神学」がある。ジャンセニスム弾圧の動きのなかで1656年にソルボンヌを追われ、以後ポール・ロワイヤル修道院で抵抗運動を組織する。修道士の教育のために「ポール・ロワイヤル文法」(1660年、ランスロとの共著)、「ポール・ロワイヤル論理学」(1662年、ニコルとの共著)を著述した。1677年にイエズス会やプロテスタントとの論争を再開したが、1679年の庇護者の死を契機にスペイン領ネーデルラントに亡命し、ブリュッセルで客死した。

業績[編集]

同時代の哲学者との論争[編集]

アルノーは自己の思想を直接表明した著作はほとんど残さなかったが、その論争書は膨大な量となり、論争相手の思想の明確化に貢献した意義も大きい。

デカルトの「省察」を読んで反論を執筆し(第四駁論)、デカルト自身にも高く評価された。彼はもっともはやくデカルト哲学を受け入れた学者の一人であり、代表的なデカルト主義者とされる。

その生涯にわたる論争のなかでも、マルブランシュとの論争(主に神学と形而上学の関係をめぐる)は特に有名である(1683-85年)。

また哲学史上において重要なのは、ライプニッツとの文通である。彼は、後者の形而上学の真価をもっともはやく認めた学者の一人でもある。

宗教的活動[編集]

ジャンセニスムの理論的指導者として、イエズス会およびカルヴァン派との論争を行った。

著述活動[編集]

ピエール・ニコルとの共著として出された La logique, ou l'art de penser(1662年)は、「ポール・ロワイヤル論理学」として有名であり、二十世紀に至るまで基礎的な教科書として読み継がれた。

1660年に、文法家であるランスロ(Claude Lancelot,1616年-1695年)との共著としてパリのピエール・ル・プチ社から出版された「一般・理性文法: 附 話術の諸基礎Grammaire générale etraisonnée, les fondements de l’Art de Parler」は一般には「ポール・ロワイヤル文法」として有名である。

参考文献[編集]

  • ポール・リーチ編序、南館英孝訳『ポール・ロワイヤル文法:一般・理性文法』大修館書店、1972年
  • ベルンハルト・グレトゥイゼン『ブルジョワ精神の起源』(1974年、法政大学出版局)

外部リンク[編集]

The links are to the Gallica version.

  • De la fréquente communion où Les sentimens des pères, des papes et des Conciles, touchant l'usage des sacremens de pénitence et d'Eucharistie, sont fidèlement exposez. Paris : A. Vitré, 1643. Full text in original French : [1]
  • Grammaire générale et raisonnée : contenant les fondemens de l'art de parler, expliqués d'une manière claire et naturelle. Paris : Prault fils l'aîné, 1754. Full text in original French : [2]
  • La logique ou L'art de penser : contenant outre les regles communes, plusieurs observations nouvelles, propres à former le jugement. Paris : G. Desprez, 1683. Full text in original French : [3]