ポール・ロワイヤル論理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ポール・ロワイヤル論理学』(Logique de Port-Royal)、正式名称『論理学、あるいは思考の技法』(La logique, ou l'art de penser)とはアントワーヌ・アルノーピエール・ニコルの共著として記され、1662年に出版された論理学に関する書籍である。

経緯[編集]

本書は著者であるアントワーヌ・アルノー、ピエール・ニコルによってルネ・デカルトの『省察』の仏訳者リュイヌ(Duc de Luine)公爵の子息であるアルベール伯爵(後にシュヴルーズ公爵)に論理学の主要部分を伝えるために著された。

その後、著者らは追筆とともに公刊を行った。 追筆とともに公刊を行った理由として、幾人かの人が直筆原稿から分筆、写筆し印刷を行おうとしており、著者らは分筆、写筆をされることにより誤った内容が伝わることを防ぐためであったと本書のはしがきに記している。

関連項目[編集]