アンチアリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アンチアリン (antiarin) とは、矢毒として用いられる自然毒の一種。 アンチアリス トクシカリア (antiaris toxicaria、別名 イポー、ウパス) という、東南アジア~南アジア原産の常緑樹が持つ乳状の樹液に含まれる。α-アンチアリン(CAS登録番号 [23605-05-2])、β-アンチアリン(同 [639-13-4])などを含む ステロール配糖体の混合物。

原木は悪臭を放つが、乾燥すると臭いが消えるという特性を持ち、造作材、梱包材、合板の芯などに用いられる。