アンガマン・バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンガマン・バス株式会社
Ungermann-Bass K.K.
種類 株式会社
市場情報 未上場
略称 UBKK
本社所在地 日本の旗 日本
東京都
設立 1983年1月
業種 情報・通信業
事業内容 LAN製品の輸入、販売、保守
代表者 (設立時)代表取締役社長 大嶋章禎
決算期 12月末日
主要株主 Ungermann-Bass, Inc.
主要子会社 ネットワンシステムズ株式会社
松下ネットワン株式会社
外部リンク http://www.ubkk.co.jp
(現在は存在しない)
テンプレートを表示

アンガマン・バス(英訳社名:Ungermann-Bass K.K.)は、かつて存在したアメリカ合衆国 Ungermann-Bass, Inc.の日本法人である。

概要[編集]

1983年(昭和58年)1月、Ungermann-Bass, Inc.の日本法人として、大嶋章禎(現アライドテレシスホールディングス株式会社代表取締役社長)によって設立され、Ungermann-Bass, Inc.社のイーサネットスイッチ、LANカード(NIC)等の輸入、国内販売を行っていた。

1989年には三菱商事株式会社と合弁でネットワンシステムズ株式会社を設立、1989年には松下電工株式会社(のちのパナソニック電工株式会社)と合弁で松下ネットワン株式会社(現パナソニックESネットワークス株式会社)を設立した。[1]ネットワンシステムズ㈱、松下ネットワン㈱の社名は、Ungermann-Bass.Incが開発したルーティングプロトコル・UB Net/Oneに由来する。

1993年、UBネットワークス株式会社(英文社名:UB Networks k.k.)に社名変更したが、1997年、アメリカ UB Networks, Inc.がフランスの通信システム・装置メーカー、Alcatel(現Alcatel-Lucent)による買収に伴い、日本法人は清算され、解散した。

しかし、1990年代以降の日本国内LAN市場やネットワークインテグレーターを発展させた実業家、技術者を多く輩出したことは特筆できる点である。

沿革[編集]

  • Ungermann-Bass, Inc.
1979年 - 米国 Ungermann-Bass, Inc.を設立[2]
1988年 - Tandem Computersにより、2億6000万ドルで買収され、完全子会社化[3]
1993年 - UB Networks, Inc.へ社名変更
1997年 - フランス、Alcatel(現Alcatel-Lucent)に買収される
  • アンガマン・バス株式会社
1983年(昭和58年) - 1月、アンガマン・バス株式会社を設立
1988年(平成元年) - 三菱商事㈱と合弁でネットワンシステムズ㈱を設立
1989年(平成2年) - 松下電工(のちのパナソニック電工)㈱と合弁で松下ネットワン(現パナソニックESネットワークス)㈱を設立
1993年(平成6年) - UBネットワークス株式会社に社名変更
1997年(平成10年) - フランス、Alcatel(現Alcatel-Lucent)による買収に伴い、日本法人は清算され、解散

合弁で設立した企業[編集]

  • ネットワンシステムズ株式会社 - 1988年、三菱商事㈱と合弁で設立。
  • 松下ネットワン株式会社 - 1989年、松下電工㈱と合弁で設立。(現パナソニックESネットワークス㈱)

技術[編集]

Ungermann-Bass.Incの開発したルーティングプロトコル。エンドノードとXNSを使って通信し、helloパケットとpath-delayメトリックを用いる。通常のXNSノードとは異なる方法でXNSプロトコルを利用する。
  • PC-NIUシリーズ
PCの拡張スロットに挿入するLANボード。PC-NIU発売当時のPCに使われていたCPUはi8086からi80286程度の処理能力が低いものであり、TCP/IPなどのLANプロトコルの処理をPC搭載のCPUで処理することによるアプリケーションの処理速度低下が著しかった。これを解決するためにPC-NIUではボード自体にi80286CPUを搭載し、LANプロトコルの処理を行わせていた。CPUを搭載したことにより、PC-NIU自体の消費電力が大きくなり、拡張スロットの電源供給能力が低いNEC社製PC-9801シリーズではPC-NIUが2スロット分の電力を消費する結果となった。全てのスロットに拡張ボードを挿入して使用するためには、PC-NIUに別売りの外部電源ユニットを接続する必要があった。

主な出身者[編集]

氏名 近況等
大嶋章禎  アライドテレシスホールディングス㈱代表取締役社長兼アライドテレシス㈱代表取締役社長
上原政二  ㈱モビスタ業務上横領事件 被告 [4] 
 元ネットワンシステムズ㈱代表取締役社長、元㈱ネットワールド代表取締役社長、元スリーコム㈱代表取締役社長 
 元ネクストコム㈱代表取締役社長、元テレコムサービス㈱代表取締役社長、元㈱モビスタ代表取締役社長 
太田茂  元アセンドコミュニケーションズジャパン㈱代表取締役社長
山本収  証券取引法違反(インサイダー取引) 被告 [5][6] 
 元ネットワンシステムズ㈱代表取締役社長、元アライドテレシス㈱代表取締役社長 
山本茂  元ネクストコム㈱代表取締役社長、元ネットワンシステムズ㈱取締役技術本部長
佐藤一雄  元ネットワンシステムズ㈱代表取締役社長
松原由高  グローバルベンチャーキャピタル㈱取締役、元アライドテレシス㈱元代表取締役会長、元ランセプト㈱代表取締役 
 元イーディーコントライブ㈱常務取締役、元産業構造審議会臨時委員
NetWorld + Interop Tokyo 展示会実行委員会委員長 
高木弘幸  アイビーシー㈱取締役、元アライドテレシス㈱代表取締役副会長、代表取締役社長
黒坪則之  元クロス・ヘッド㈱代表取締役社長
荒井透  ネットワンシステムズ㈱取締役
片山典久  ネットワンシステムズ㈱取締役
鈴木剛  ネットワンシステムズ㈱取締役
末光俊一  ネットワンシステムズ㈱取締役
野澤宏之  ㈱フォティーンフォティ技術研究所 代表取締役社長
安藤卓哉  ㈱ビットアイル 取締役
川北潤  セイムクリック㈱代表取締役社長 『ネットデフレ』(毎日コミュニケーションズ マイコミ新書)執筆
加藤勝己  『ネットワークインタフェースカードの設計と応用技術』(トリケップス発行 1992年8月) 監修/執筆者 
須田善久  『ツイストペアネットワーク技術』(トリケップス発行 1991年7月) 監修/執筆者 
遠藤宣夫  元フォーティネットジャパン㈱代表取締役社長
酒井和康  日本エーディーシー㈱ 日本代表 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 米国 Ungermann-Bass, Inc.のネットワーク機器の国内製造合弁会社として設立された。 - 旧松下ネットワークオペレーションズ 鈴江啓宏社長インタビュー
  2. ^ 1979年に、ラルフ・アンガマン(Ralph Ungermann)とスタンフォード大学教授チャーリー・バスによって米国に設立されたLAN専業メーカーである。
  3. ^ この買収により、ラルフ・アンガマンはTandem Computersの上級副社長兼ネットワーク部門の最高経営責任者に就任した。1993年に退任し、タンデム・コンピュータを退職した。
  4. ^ 株式会社香川経済レポート社 『かがわ経済レポート 10月15日号』 掲載記事~㈱モビスタ上原元社長による1億3400万円の横領事件に判決~
  5. ^ アライドテレシスホールディングス株式会社 (2006年5月31日). “証券取引等監視委員会による元当社執行役員への刑事告発報道について (PDF)”. 2009年12月8日閲覧。
  6. ^ Japan Press Network 47NEWS (2006年5月30日). “株式分割でインサイダー 監視委、元執行役員ら告発”. 2009年12月1日閲覧。