アレクサンドル・ゼーリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレクサンドル・ゼーリン
Александр Николаевич Зелин
1953年5月6日 -
生誕 ソビエト連邦ウクライナ共和国
ルハンシク州ペレヴァルスク
軍歴 1976年 - 2012年
テンプレートを表示

アレクサンドル・ニコラエヴィチ・ゼーリンロシア語: Александр Николаевич Зелин、Aleksandr Nikolaevich Zelin、1953年5月6日 - )は、ロシア連邦の軍人である。元ロシア空軍総司令官、大将。

経歴[編集]

ソビエト連邦ウクライナ社会主義ソビエト共和国ルハンシク州ペレヴァルスクPerevalsk生まれ。1976年、ハリコフ飛行士高等軍事航空学校を卒業。1988年、ガガーリン空軍アカデミー指揮課程卒業。1997年、参謀本部アカデミー卒業、この間に航空連隊長、航空師団長、航空軍司令官を歴任。2002年、空軍総司令官代理と航空部長を兼任。2003年ツポレフ社取締役。2007年5月9日より、ロシア空軍総司令官を務める。2012年4月27日に同職を退き、退役した[1]

出典[編集]

  1. ^ http://www.armstass.su/?page=article&aid=106155&cid=25

参考文献[編集]

先代:
ヴラジーミル・ミハーイロフ
ロシア空軍総司令官
2007年-2012年
次代:
ビクトル・ボンダレフ