アレクサンドラ (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレクサンドラ
54 Alexandra
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
(アレクサンドラ族?)
発見
発見日 1858年9月10日
発見者 H. ゴルトシュット
軌道要素と性質
元期:2007年4月10日 (JD 2,454,200.5)
軌道長半径 (a) 2.712 AU
近日点距離 (q) 2.179 AU
遠日点距離 (Q) 3.245 AU
離心率 (e) 0.197
公転周期 (P) 4.47 年
軌道傾斜角 (i) 11.804°
近日点引数 (ω) 345.60°
昇交点黄経 (Ω) 313.44°
平均近点角 (M) 125.86°
物理的性質
長短径 160 × 135 km
自転周期 7.024 時間
スペクトル分類 C
絶対等級 (H) 7.66
アルベド(反射能) 0.0555
色指数 (B-V) 0.727
色指数 (U-B) 0.357
■Project ■Template

アレクサンドラ (54 Alexandra) は、太陽系の比較的大きく暗い小惑星のひとつ。火星と木星の間の軌道を公転している。研究者によってはかなり小規模な小惑星族を代表する小惑星とされる。

1858年ヘルマン・ゴルトシュミットにより発見された。ドイツの探検家アレクサンダー・フォン・フンボルトにちなみ命名された。

2005年4月17日に、アメリカメキシコの複数箇所でアレクサンドラによる8.5等星の食(掩蔽)が観測され、その時刻が測定された。観測結果から作成された断面形状は、長軸と短軸が 160 × 135 km (±1km) のほぼ楕円形であった[1]

脚注[編集]

  1. ^ D.W. Dunham, "Upcoming Asteroid Occultations", Sky & Telescope, June, 2006, p. 63.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


前の小惑星:
カリプソ (小惑星)
小惑星
アレクサンドラ (小惑星)
次の小惑星:
パンドラ (小惑星)