アルブチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルブチン
識別情報
CAS登録番号 497-76-7 チェック
PubChem 440936
ChemSpider 389765 チェック
UNII C5INA23HXF チェック
ChEBI CHEBI:18305 ×
ChEMBL CHEMBL232202 ×
特性
化学式 C12H16O7
モル質量 272.25 g mol−1
融点

199.5 °C, 473 K, 391 °F

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

アルブチン (arbutin) はコケモモウワウルシなどの植物に含まれている天然型フェノール性配糖体である。

メラニン合成に関わるチロシナーゼに直接作用し、メラニンの合成を阻害するため、美白効果があるとして、化粧品などに使用されている。

β型とα型がある。一般に使用されているのはβ-アルブチンである。

また、利尿作用と尿路殺菌作用があり、尿路消毒薬とされる。