アルトゥール・レンバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
生誕100周年記念絵葉書

アルトゥール・レンバまたはアルトゥル・レムバArtur Lemba, *1885年9月24日 タリン - † 1963年11月21日 同地)はエストニア作曲家

有名なエストニア人音楽家の家庭に生まれ、家族とともにサンクトペテルブルクに転居。1908年までペテルブルク音楽院ニコライ・リムスキー=コルサコフアナトーリ・リャードフアレクサンドル・グラズノフらに師事。

1908年にサンクトペテルブルクで初演された《交響曲 第1番 嬰ハ短調》は、エストニア人作曲家による最初の交響曲である。またレムバ自身、兄のテオドルと並んで、エストニア人で最初のピアノ教授となり、1908年から1920年までロシア帝国においてピアノ教師として活動し、1915年からは教授に昇格した。

1920年にエストニアが独立すると、ペトログラードを去ってタリンに戻った。ヘルシンキで小休止をとった後、1923年から1962年までタリン音楽院(現・エストニア音楽アカデミー)の教授に就任。1923年から1939年まで新聞の批評欄で音楽評論家として健筆を振るう。

作品数は数多く、1931年には歌劇《Armastus ja surm》が、1934年には歌劇《Elga》が初演された。

主要作品一覧[編集]

  • ピアノ協奏曲 第1番 ト長調(1905年、1910年改訂)
  • 交響曲 第1番 嬰ハ短調(1908年、グラズノフに献呈)
  • ヴァイオリンとピアノのための《愛の詩》
  • 交響曲 第2番 ヘ短調(1923年)
  • ピアノ協奏曲 第2番 ホ短調(1931年)
  • ピアノ協奏曲 第3番 ヘ短調(1945年)
  • ピアノ協奏曲 第4番 変ロ長調(1955年)
  • ピアノ協奏曲 第5番(1960年)

参考文献[編集]

  • Lensin, Veera: Artur Lemba. Pianist ja pedagoog. Tallinn 1977

外部リンク[編集]