アルジュナ群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルジュナ群(―ぐん、Arjuna asteroid)は地球近傍小惑星の分類。これらの軌道は非常に地球に似ており、低い軌道傾斜角を持ち、公転周期は1地球年に近く、離心率も低い。この小惑星群はヒンドゥー教の聖典『マハーバーラタ』の主要な登場人物の一人であるアルジュナから名づけられている(ただし、2010年現在「アルジュナ」という名の小惑星は存在しない)。定義はいくぶんあいまいで、より確立したアポロ群アモール群アテン群の三つに対して定義が部分的に一致する。

これに該当すると考えられているものとしては、アポロ群の 1991 VG軌道)、アテン群の 2000 SG344軌道)などがあるが、2000 SG344アポロ計画で用いられたサターンVの3段目ではないかといわれている[1]