アラン・E・ナース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アラン・エドワード・ナース(Alan Edward Nourse, 1928年8月11日-1992年6月19日)は、アメリカ合衆国SF作家アイオワ州生まれ。表記は、ファーストネームを略してA・E・ナースとも。古い資料では姓をナーズ、ノースと表記するものもある。

主に1950年代のアメリカでSFを執筆した。本来は医学畑の人で、医学をテーマにした作品も少なくない。ノンフィクションの著作もある。日本において長編はあまり知られていない(翻訳されていない)が、短編では水星を舞台にした「焦熱面横断」や次元ものの「虎の尾をつかんだら」などが有名である。

作品リスト[編集]

長編[編集]

  • Trouble on Titan (1954) 平田みつ子訳『流刑星タイタン』、中上守訳『タイタンの反乱』
  • A Man Obsessed (1955) 『憑かれた人』
  • Rocket to Limbo (1957)
  • Gold in the Sky(1958) 『謎の恒星間航法』
  • Scavengers in Space (1958)
  • The Invaders are Coming! (1959) J・ A・メイヤーと合作
  • Star Surgeon (1959)
  • Raiders from the Rings (1962)
  • The Universe Between (1965)
  • The Bladerunner (1974)
  • The Fourth Horseman (1983)

邦訳短編(単行本収録された作品のみ)[編集]

  • Tiger by the Tail(1951) 「虎の尾をつかんだら」
    • 福島正実編『時と次元の彼方から - 海外SF傑作選』(1975年)などに所収
  • Nightmare Brother(1953) 「悪夢の兄弟」
  • The Canvas Bag(1955) 「旅行かばん」
    • 伊藤典夫編『吸血鬼は夜恋をする』(1974年)に所収
  • Brightside Crossing(1956) 「焦熱面横断」
    • 山本弘編『火星ノンステップ - ヴィンテージSFセレクション』(2005年)に所収
  • The Coffin Cure(1957) 「コフィン療法」
    • 浅倉久志編『世界ユーモアSF傑作選1』に所収
  • A Miracle Too Many(1964) 「一つ多すぎた奇跡」(フィリッブ・H・スミスと共作)
  • The Compleat Consummators(1964) 「完全なる結婚」

ノンフィクション(邦訳があるもののみ)[編集]

  • 『科学者になる人のために』槙書店(1967年)
  • 『からだの科学』タイムライフブックス(1975年)

外部リンク[編集]