アメデーオ2世・ディ・サヴォイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アメデーオ2世・ディ・サヴォイアAmedeo II di Savoia, 1046年1080年1月26日) は、サヴォイア伯アオスタ伯、モーリエンヌ伯(在位:1078年 - 1080年)。フランス語名アメデ2世・ド・サヴォワ(Amédée II de Savoie)。

経歴[編集]

アメデーオ2世についてはほとんど後世に資料が残っていないため、確かなことは少ない。わかっているのは兄同様に母の言うがままであったことと、生涯に2度ローマを訪れていることだけである。

婚姻と子孫[編集]

ジュネーヴ伯の娘ジョヴァンナ・ディ・ジネヴラ (Giovanna di Ginevra) と結婚、以下の子をもうけた。

  • ウンベルト - サヴォイア伯、モーリエンヌ伯
  • コスタンツァ (Costanza) - モンフェッラート侯オットーネ2世・ディ・モンフェッラート(1084年没)と結婚
  • アデライデ (Adelaide, 1090年没) - コリニー家の領主マナセス5世と結婚
  • アウクシリア (Auxilia) - 1080年頃、ユベール・ド・ボージュー(1101年没)と結婚
  • オッドーネ (Oddone)